除霊や霊障ごとはスピリチュアルセラピスト 鈴 -すゞ-
除霊や霊障ごとはスピリチュアルセラピスト 鈴 -すゞ-

除霊|霊障スピリチュアルセラピスト鈴 -すゞ-トップ

霊障辛いですか?除霊や救霊は必要ですか?

あなたはこの差し伸べられた手をつかみますか?

除霊や心霊事、霊障などの人に言えない悩み1人で抱えこんで悩んでいませんか? 除霊や霊障、このようなことは何も人に隠すことは無いんですよ、辛いのはあなた自身なのですから… まずは無料の除霊相談や霊視相談、スピリチュアルカウンセリングから始めてめてみませんか?

いつもと何かが違う、偏頭痛が取れない、誰かに観られている、誰かの気配がするなど、困ったり悩んだら鈴 -すゞ-の無料メール相談してください肩の荷が下りるかもしれません。 除霊/霊障:無料メール相談はこちら

除霊が必要な霊障で悩んで辛い事はありませんか?私-すゞ-自身はとっても辛かった時期があります。誰に話しても理解してもらえない苦しさと霊障の辛さとで2倍イヤ3倍にも4倍にも感じました。
このままでは、私自身がダメになる、私の人生がダメになる、ちゃんと除霊をしてキレイにならなくてはと…せっかくキレイにするのならばちゃんとした方にお願いしようと必死になって除霊を生業としている方を探しました。

しかしそう簡単には見つかりません。やっと見つけた方が今の私の師匠にあたる方です。師匠は私を見るなり一言「これも縁ですかね」とおしゃってくれたのです。この方ならと、除霊をしていただ後に、弟子入りを志願し一生懸命修行をしてまいりました。

師匠から除霊の方法などを学び、独り立ちの許しをもらえた事を機会に昔の私のように苦しんでいる人の力になりたいと思いまして、皆様の前に出ることを決意いたしました。
鈴-すゞ-の除霊と救霊の方法はこちらをご覧下さい。

これから皆様のお力になりたいと思っておりますのでどうぞ、
スピリチュアルセラピスト 鈴 -すゞ-をよろしくお願いいたします。

スピリチュアルセラピスト 鈴 -すゞ-

ご相談時の霊視につきまして

  • ご相談時の霊視につきまして。

私どもが行っております「ご相談時の霊視」につきましては、もしご相談者に霊が憑依していたとしてもその憑依した霊を刺激して暴れることが無いよう特殊な方法をもちいまして、霊視しておおりますので「ご相談」のみで"暴れる"でありますとか、"危険"ですという事はございませんのでご安心いただけますようお願いを申し上げます。

ご相談者」に対して"深い霊視"を行うのは、可能性として憑依している霊が万が一暴れても良い時、つまり"除霊"の時のみとしております。
鈴-すゞ-の除霊と救霊の方法はこちらをご覧下さい。


  • お守りにつきまして

また、私ども-鈴-すゞ-にて"除霊"を行っている「ご相談者」の方以外には、本物のお守りなどはお作りしておりませんのでご留意下さい。

※以前私ども-鈴-すゞ-のWebサイトにて"お守り曼荼羅(マンダラ)ブレスレット"をお分けしておりましたが、現在は中止させていただいております。

除霊と浄霊

■ 除霊

除霊とは、昔ながらの霊を払う(除霊)という意味で使われてまいりました。その昔主に民間の間に広く認知されていた【おがみ屋さん】達が行う術方などで霊を払う方法を除霊と言う言葉を使っていたのが始まりと聞いております。

■ 浄霊

こちらの言葉は、昭和の時代に入りどちらかの宗教団体の教祖の方が「修行とは身のうちに巣くう煩悩を綺麗に洗い流す」事を浄霊と言われたのが始まりと聞き及んでおります。 しかし、今現在は除霊と浄霊同じ意味を持つ言葉として使われている事の方が多いようです

現在鈴-すゞ-では霊をお祓いする言葉として除霊と言う言葉を使わせていただいております。

ご注意とお願い

私-すゞ-は、仏教、神道、そして如何なる宗教団体とも関係はございません。また、宗教団体を組織するつもりもございません。ですので入会手続き等の手続きは存在いたしませんのでご了承下さい。

買わないと不幸になる壺ですとか仏像等々の販売もお取り扱いもしておりません。

::買わないと不幸になる壺や仏像、等々を買って楽になるのであれば私のような存在は必要ないですのでご注意下さい。

お知らせ

ご相談はこちら除霊・霊障ごとは鈴 -すゞ-トップ|霊障の主な症状スピリチュアルカウンセリング霊あるいは霊魂について
お気持ちの目安|サイトマップ|鈴-すゞ-の事|個人情報のお取り扱い除霊と救霊の方法|霊障の見きわめ方|お守り曼荼羅ブレスレット
Copyright 2006-2017 スピリチュアルセラピスト 鈴 -すゞ- All Rights Reserved.